夢だけでは食えず闇営業…でもお笑いを目指す笑えない現実

公開日: 更新日:

「道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と、又吉直樹(39)は売れるまでの日々を語っていた。「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね」と――。

 吉本などに所属のお笑いタレントの「闇営業」問題は、背景にこうした食うや食わずのギャラ事情が横たわっている。東野幸治(51)は吉本について「タレントが6000人いて、給料が1万円、5万円、3万円と、いろいろいる。アルバイトしなきゃいけないのもたくさんいる」とテレビで解説していた。

 又吉と同じ、吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身の村田秀亮(39)は「とろサーモン」で漫才コンクール「M―1グランプリ2017」の頂点に立った際にこう言って目を光らせた。

「上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つん這いになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていたことがあります。売れたいなって本気で思ってました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る