夢だけでは食えず闇営業…でもお笑いを目指す笑えない現実

公開日: 更新日:

「道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と、又吉直樹(39)は売れるまでの日々を語っていた。「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね」と――。

 吉本などに所属のお笑いタレントの「闇営業」問題は、背景にこうした食うや食わずのギャラ事情が横たわっている。東野幸治(51)は吉本について「タレントが6000人いて、給料が1万円、5万円、3万円と、いろいろいる。アルバイトしなきゃいけないのもたくさんいる」とテレビで解説していた。

 又吉と同じ、吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身の村田秀亮(39)は「とろサーモン」で漫才コンクール「M―1グランプリ2017」の頂点に立った際にこう言って目を光らせた。

「上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つん這いになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていたことがあります。売れたいなって本気で思ってました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る