城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

公開日: 更新日:

 今のような巨大な事務所ではなく、タレントの数も少なかった。ちょうどフォーリーブスが解散する頃で、たのきんトリオはこの後に出てくる。ひょっとしたらジャニーさんが最も楽しいと思っていた頃だ。

 川崎によると、ジャニーさんに叱られたという記憶はほとんどないそうで、「カップ麺をフタを取らないで食べていたら、『ちゃんとフタを取りなさい』って叱られたくらいかな」と話す。芸能人だから、常に人に見られている意識を持ち、行儀よくしなさいということのようだ。

 また、憧れの西城秀樹と番組で一緒になった時にサインをもらったそうで、「ユー、ユーも芸能人なんだから、他の芸能人からサインをもらっちゃダメでしょ」と苦言を呈されたこともあったそうだ。

 ジャニーさんは、こと仕事の面ではダンスでも歌でも厳しく指導したが、頭ごなしに叱ることはなかったらしい。それは現在になっても同様だったと承知している。ジャニーさんは芸能活動に必要な技術面での指導もだが、一人一人の個性と本人の希望も受け入れ、きめこまやかに育成してきた。そして、まだ10代の少年たちを育てながら、将来的に容姿や能力が大きく成長していくのを“見抜く”力は凄かった。ほとんどジャニーさんの“カン”でユニットがつくられ、それを成功させてきたのだからこそ、「カリスマ」と呼ばれるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか