著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏にお墓問題が…ファンが殺到する可能性

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川さん(本名・喜多川擴=享年87)の葬儀までの段取りは完璧なものだった。亡くなった翌10日からは所属タレントが順次、メディアでジャニーさんとの思い出を語った。迎えた12日の家族葬(写真)は異例な形だった。生涯独身だったジャニーさんのために集まったのは現役タレント150人。遺影を前に一堂に会した記念写真が配られた。涙はない笑顔の別れ。半世紀にわたり男性アイドルをつくり続けた功績を称えていた。

 そこには対外に向けたメッセージも含まれていたように思える。ジャニーズ事務所は所属タレントが結婚式をやらないように、冠婚葬祭を公にやることは原則なかった。黒子に徹していたジャニーさんならなおさら密葬という形で済ませてもおかしくないが、メッセージや写真を提供するなど一部を公にした。多くの男性アイドルをつくり上げ、ショーをつくってきたジャニーさん。ギネスブックに載るなど特別な存在だったこともあるが、家族葬には別な意味もあるという。

「タレントの独立や事務所の不協和音を懸念する話がしきりに流れていただけに、葬儀をきちんと仕切れば、ファンだけでなく業界に対しても“ジャニー社長の遺志を引き継ぎ、残された者で一丸となって進んでいく”というアピールになった」(芸能プロ関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路