二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー喜多川氏にお墓問題が…ファンが殺到する可能性

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川さん(本名・喜多川擴=享年87)の葬儀までの段取りは完璧なものだった。亡くなった翌10日からは所属タレントが順次、メディアでジャニーさんとの思い出を語った。迎えた12日の家族葬(写真)は異例な形だった。生涯独身だったジャニーさんのために集まったのは現役タレント150人。遺影を前に一堂に会した記念写真が配られた。涙はない笑顔の別れ。半世紀にわたり男性アイドルをつくり続けた功績を称えていた。

 そこには対外に向けたメッセージも含まれていたように思える。ジャニーズ事務所は所属タレントが結婚式をやらないように、冠婚葬祭を公にやることは原則なかった。黒子に徹していたジャニーさんならなおさら密葬という形で済ませてもおかしくないが、メッセージや写真を提供するなど一部を公にした。多くの男性アイドルをつくり上げ、ショーをつくってきたジャニーさん。ギネスブックに載るなど特別な存在だったこともあるが、家族葬には別な意味もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る