小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 報道・情報番組のコメンテーターは、弁護士に、現役やOBの新聞・通信社記者、大学教授、女優、タレント、自局の解説委員など多士済々だが、硬派なテーマで歴史的な経緯や事実関係を踏まえた的確なコメントをする出演者はそう多くない。

 その数少ないひとりが、共同通信で長く政治部記者を務め、テレビ朝日系「報道ステーション」に出演している後藤謙次だ。

 16日は自国通貨建てで借金する国は財政赤字が増えても破綻しないと主張する「MMT(現代貨幣理論)」の代表的な論者のひとりで来日したニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授の理論を取り上げた。この理論は消費税などの増税回避や歳出拡大に結び付きやすいため、後藤は「(財務省関係者は)悪魔のささやきだと言っている」とした上で、バブル経済の崩壊を引き合いに出した。「(MMTにより発生しかねない)インフレに気づいた時は手遅れだったということになりかねない。世界経済が破壊される恐れもあり、慎重に」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る