かつての超アイドル 伊藤蘭と山口百恵の「現在」に熱狂

公開日: 更新日:

 かつてのアイドルの存在感はケタ違いだ。

 ランちゃんが41年ぶりに歌った。7月24日「FNSうたの夏まつり」に元キャンディーズのランちゃんこと伊藤蘭(64)がヒット曲「年下の男の子」をIZ*ONEの宮脇咲良、矢吹奈子と一緒に振り付きで熱唱。変わらぬ歌声とキレのある踊りで当時のファンも大喜び。70年代アイドルは存在感が違うと話題になっている。

「ランちゃんの夫の水谷豊が数年前に『カリフォルニア・コネクション』をリバイバルヒットさせて『紅白』に出場しました。もしランちゃんが『紅白』に出場するようなら、今年の大きな目玉になるかもしれません」(テレビウオッチャー)

 もう一人、70年代アイドルのビッグといえば山口百恵(60)だが、還暦記念のキルト作品集「時間(とき)の花束 Bouquet du temps」(オールカラー、税込み2160円)を出版した。初版部数がなんと10万部というからすごい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る