ケンコバは外務省「たびレジ」推進大使 吉本公共営業続々

公開日: 更新日:

 吉本興業所属のタレント、ケンドーコバヤシ(47)が7日、外務省が主催する「こども霞が関見学デー」(東京都千代田区)に登場。子どもたちと一緒にクイズに参加し、海外の安全情報を受信できる「たびレジ」をPRした。

 3日には、吉本興業が厚生労働省から委託を受けた、人生の最終段階における医療・ケアについて話し合う取り組み「人生会議」のイベントが札幌コンベンションセンター(札幌市)で開催され、銀シャリが登場。

 芸能文化評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「公的な仕事をどんどん受注しているのが今の吉本興業です。闇営業問題に端を発した、吉本興業のコンプライアンスやガバナンスの問題が注目されています。こうしたイベントは税金によってまかなわれていますから、今後、吉本興業が“自浄作用”を働かせることができるか、しっかり注視していく必要があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る