齢80でも意気軒高「いくつになっても歌ってるんだろうな」

公開日: 更新日:

 2006年、馬風は落語協会会長になったことで、得意の漫談、「会長への道」ができなくなった。本当になってしまったのでは笑いにならないからだ。代わりに、「峠の唄」という新たなネタを始めた。

「同じタイトルの歌をCDにして、高座でも歌ったら受けたんだ。内容は『会長への道』とたいして変わらない。『三遊亭円歌も峠です。林家木久蔵(現木久扇)も峠です。立川談志も峠です』という替え歌でね。最後が、『あとは馬風の時代です』っていう歌詞がオチなんだ」

 これが馬風の美声もあってよく受けた。近年は「艶歌の花道」というネタをよく演じる。

「ひたすら美空ひばりのヒット曲メドレーを、これでもかとばかりに歌いまくるんだ。多い時は30曲も。寄席の客層はひばりファンの世代とかぶるんでね。ひばりを知っている人は喜んでくれるね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

もっと見る