齢80でも意気軒高「いくつになっても歌ってるんだろうな」

公開日: 更新日:

 2006年、馬風は落語協会会長になったことで、得意の漫談、「会長への道」ができなくなった。本当になってしまったのでは笑いにならないからだ。代わりに、「峠の唄」という新たなネタを始めた。

「同じタイトルの歌をCDにして、高座でも歌ったら受けたんだ。内容は『会長への道』とたいして変わらない。『三遊亭円歌も峠です。林家木久蔵(現木久扇)も峠です。立川談志も峠です』という替え歌でね。最後が、『あとは馬風の時代です』っていう歌詞がオチなんだ」

 これが馬風の美声もあってよく受けた。近年は「艶歌の花道」というネタをよく演じる。

「ひたすら美空ひばりのヒット曲メドレーを、これでもかとばかりに歌いまくるんだ。多い時は30曲も。寄席の客層はひばりファンの世代とかぶるんでね。ひばりを知っている人は喜んでくれるね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る