「円歌さんが会長をやりたがっています」と小さんに進言し

公開日: 更新日:

 1996年、柳家小さんが落語協会会長になって24年経っていた。1月に軽い脳梗塞で倒れたものの、5月には復帰している。その病気のこともあって、馬風は決意を固めた。

「俺と師匠のせがれの三語楼(現小さん)で、会長を退任させようと説得しに行ったんだ。『いつまで会長をやってるつもりですか』と聞くと、『誰かにやらせるって、いねえだろう』と言う。『円歌さん(当時の副会長)がやりたがってます。そろそろいいじゃないんですか』と進言した。三語楼も賛同したから、小さんはしばらく考えてたよ。そして、ぼそっと言ったね。『おめえたちの言う通り、円歌に譲るか』と」

 馬風は会長になりたがっていた円歌の気持ちを忖度したとも言える。

「次の日の朝、俺は円歌宅に電話した。『兄さん、おめでとうございます!』。『何?』って聞くから、『次期会長に決まりました』と報告したら、やっこさん、バカな喜びようだ。早速鯛の尾頭付きを祝いに贈った。この時、俺は円歌さんに恩を売ったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る