「円歌さんが会長をやりたがっています」と小さんに進言し

公開日: 更新日:

 1996年、柳家小さんが落語協会会長になって24年経っていた。1月に軽い脳梗塞で倒れたものの、5月には復帰している。その病気のこともあって、馬風は決意を固めた。

「俺と師匠のせがれの三語楼(現小さん)で、会長を退任させようと説得しに行ったんだ。『いつまで会長をやってるつもりですか』と聞くと、『誰かにやらせるって、いねえだろう』と言う。『円歌さん(当時の副会長)がやりたがってます。そろそろいいじゃないんですか』と進言した。三語楼も賛同したから、小さんはしばらく考えてたよ。そして、ぼそっと言ったね。『おめえたちの言う通り、円歌に譲るか』と」

 馬風は会長になりたがっていた円歌の気持ちを忖度したとも言える。

「次の日の朝、俺は円歌宅に電話した。『兄さん、おめでとうございます!』。『何?』って聞くから、『次期会長に決まりました』と報告したら、やっこさん、バカな喜びようだ。早速鯛の尾頭付きを祝いに贈った。この時、俺は円歌さんに恩を売ったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る