朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

公開日: 更新日:

 7月の放送回以来、パタリとその行方が分からなくなっていた千遥。9月14日に再登場した際には、30代の子連れ女性となっていた。演じるのは、むろん清原である。

「〈子どもといても、お母さんに見えない〉〈月日が経過しているのに、髪型やメイクを老けさせていないのが違和感〉という声が主演の広瀬さんに多く寄せられている中、再登場した清原さんはおでこを上げた髪型、ベッタリと厚塗り気味のファンデーションといったメイクで疲れた感じを出そうとしていた。その上、あの演技力。視聴者が一瞬で釘付けになってしまったのも、うなずけます」(山下真夏氏)

 ネット上では早くも〈次はぜひヒロインで見たい〉と、清原の朝ドラヒロイン待望論も飛び交っている。

「清原は『あさが来た』の後、同じくNHKの連ドラ『透明なゆりかご』で主演を務めています。NHKのお気に入りであることは間違いない。所属事務所は福山雅治三浦春馬らが所属するアミューズと大手で、後ろ盾もバッチリ。高校を卒業すれば芸能活動も本格的になるでしょうから、オーディションなしの朝ドラヒロインとなる日も近いのでは」(芸能プロ関係者)

 中学2年生で朝ドラで女優デビューを果たした清原が、晴れてヒロインを演じるとなると、大きな話題となるのは間違いない。ここのところ低迷がささやかれる朝ドラの起爆剤になる可能性は大いにありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  6. 6

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  7. 7

    追加負担は3000億円 延期五輪は“金欠”東京都の独り負けに

  8. 8

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  9. 9

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  10. 10

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

もっと見る