愛想のないエレベーターボーイがタップを覚えて直談判した

公開日: 更新日:

ビートたけし(北野武)<後編>

 明大生だったたけしが、浅草フランス座でチケット売り場のおばちゃんに「コメディアンになりたいんだけど」と声をかけた。これがキッカケで、フランス座のエレベーターボーイの仕事を始める。

 1階から3階は東洋劇場で、4、5階にフランス座。その間を1台のエレベーターが行き来する。たけしは、客が入ったらドアを閉めて、客を希望階に連れていった。

「接客業ですよ。だけどタケは愛想がなくてね。当時の私も支配人に『新エレベーターボーイです』と紹介されて会いましたが、礼儀正しいけど、どこか暗い印象で……。コメディアンを目指しているなんて、想像もできませんでした」

 客がいないときは、エレベーター前で文庫本を読んでいる。「だけど掃除なんかはきちんとするから、クビにはできない」という状況だった。


 このエレベーターは芸人やスタッフも使った。たけしは、師匠となる脚本家で“伝説の浅草芸人”と称される深見千三郎とも、ここで出会った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る