土橋正幸がエースの軟式野球「フランス座チーム」で一員に

公開日: 更新日:

井上ひさし編

 直木賞受賞作家として活躍した井上ひさしも、かつては座付き作家だった。1950年代、上智大学仏語科の学生だった井上は初めて浅草フランス座を訪れた。劇場側も芝居に力を入れていたころ。大道具や背景も本格的なつくりで、文芸部に所属する座付き作家が脚本を書いた。井上は、その募集を見て応募してきたという。

「地元が同じ山形県の俳優・伴淳三郎さんが働いた小屋だってことで訪ねてきた。『大学に行っても勉強にならないから働きたい』ってね。だけど経験はないし、『舞台の裏の進行係や雑用で使ってやるよ』ということになったんだ」

 進行係として採用された井上は、ガリ版(鉄製のやすり版)を掘って、文字を書いていく。

「作家から上がってくる原稿を急いで書いて、舞台で待つ役者のもとに持って行く仕事です。ところが作家によっては原稿が遅い。稽古が始まってもまだ書いているから、大変だったよ。井上さんはまじめに自分の仕事をこなしていたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る