前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

公開日: 更新日:

 菊池桃子(51)の再婚が話題だ。まずお相手が経産省の政策局長というエリート官僚の新原浩朗氏(60)。80年代アイドルだった頃からのファンというマスコミ関係者は「49歳の時に『もう結婚は考えていない』ってテレビで言っていた。再婚はおめでたいけれど、突然の発表に驚いた」と目を丸くしている。「交際報道もなければ、噂もなかった」というのだ。

 では、どういう経緯で再婚へと菊池の心は傾いていったのか。ブログで「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています」と心境をつづっている。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「ご長男は菊池さんが28歳のとき、1996年生まれですから今年23歳。ご長女は現在18歳。ともに、お母さんが女手ひとつで自分たちを育て上げてくれ、一時は芸能などの仕事もセーブしていたことを知っているのだと思います。だからこその応援で、今度こそ『幸せをつかんで』と菊池さんの背中を押していたように見えます。自らハンドルを握って、学校への送り迎えをされるところとか、何度も取材させていただきましたけど、本当に頑張るお母さんという感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る