"子連れ再婚"のイメージ払拭 宮沢りえと竹内結子の共通点

公開日: 更新日:

 今年2月に竹内結子(38)が4歳年下の俳優・中林大樹(34)との再婚を明らかにした。中学生になる竹内の息子が後押ししたそうだが、今回の再婚は「吉」と出そうだ。“子連れ再婚”のイメージアップにつながる可能性すらあるとみている。

 子連れ再婚は当事者である親子それぞれが悩みなどを抱えるケースがあると聞く。芸能界では堀ちえみ安達祐実山口もえといったタレントの子連れ再婚が過去に芸能メディアに取り上げられてきたが、祝福するようなトーンではあまり報じられてこなかった。

 もっとも、そんなイメージは昨年3月に宮沢りえ(45)と森田剛(40)が再婚したことで一変した。

 2人は“ジャニーズの壁”を見事に乗り越えてみせ、長女を含めた親子3人の“仲良しエピソード”が写真付きでたくさん報じられた。あるときは3人で渋谷区内でサイクリングを楽しんだり、別の日は愛犬を連れて近所の公園を散歩させる3人の姿が女性誌に掲載された。

■「ぎぼむす」のヒットも追い風に

 偶然か否か? 宮沢と森田の再婚から4カ月後にスタートしたのが綾瀬はるかの主演ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)だった。キャリアウーマン(綾瀬はるか)が、娘のいる男性(竹野内豊)と再婚して家庭に入るというストーリー。しかも夫の死後も義母と娘のハートウオームな関係が続く展開で、このドラマは大ヒットを記録した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める