「風と共に去りぬ」スカーレットはなぜ捨てられたのか?

公開日: 更新日:

1939年 ビクター・フレミング監督

 来週の日曜(15日)は記念すべき日だ。80年前のこの日「風と共に去りぬ」が米国で公開された。

 ストーリーは説明の必要もないだろう。ジョージア州のスカーレットお嬢さま(ビビアン・リー)が南北戦争の時代を生きる話。南軍将校のアシュレー(レスリー・ハワード)がいとこのメラニー(オリビア・デ・ハビランド)と結婚するが、実はスカーレットはアシュレーが好きでたまらない。この三角関係にスカーレットの結婚話を絡めて3時間40分43秒の大作に仕上がった。

 ただ、奴隷制度を美化する差別映画との批判も根強い。戦前、本作を見た日本人が「こんな映画を作る国と戦争しても勝てない」と慨嘆(がいたん)した話は有名だ。誰もが一度は見ているはずだが、先週、ある忘年会で67歳の不動産業の男性に「まだ見てない」と言われてビックリした。


 前半は南北戦争のスペクタクル、後半はスカーレットとレット(クラーク・ゲーブル)の確執が中心だ。優しく貞淑なメラニーと、失恋の当てつけで結婚するわ、妹の婚約者を奪うわと思いつきで行動するスカーレットの対照的な2人。スカーレットは恋敵のメラニーを見捨てられず、命懸けで守る。出産直後の彼女を馬車に乗せて戦場を脱出。豪雨の中、故郷タラを目指す。野戦病院の大セット、戦火で崩れ落ちる町並みの映像は見応えがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る