井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

強引に我を通そうとする木下優樹菜に人々が抱いた嫌悪感

公開日: 更新日:

 もともとは7月、姉がタピオカドリンクの店を開いたから「タピりにいって」と、SNSで呼びかけていたタレントの木下優樹菜(32)。しかし10月になり、その姉が店を辞め、同時に給与の振り込みトラブルがあると、再びSNSに書き込んだ。これを見たネットユーザーは店のSNSに殺到、当初はタピオカ店の方が大炎上の憂き目にあっていた。

 その翌日、店の関係者が別のSNSで木下とのトラブルの経緯を説明するとともに、木下本人が送ってきたメールの詳細を公開。「いい年こいたばばあ」「色々頭悪すぎな」といった文言はインパクトが大きかったが、何よりもネットユーザーの気を引いたのは、「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ」という、権力をかさに着る物言いだった。

 まさに、特権的な上級国民による弱い者いじめの構図と受け取られたことで、一転して木下への苛烈なバッシングが始まる。SNSのフォロワー530万人を誇り、もとはおバカタレントだったものの、結婚後はしっかり者の良き妻、良き母となり、ママタレとしてだけでなく、おしどり夫婦タレントとして盤石の地位を固めたはずの木下が窮地に立たされることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る