東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

公開日: 更新日:

 女優・唐田えりか(22)との不倫疑惑が報じられた東出昌大(31)は「良きパパ」のイメージが完全に崩壊。トンデモ不倫男として全国の女性から敵視されている。主演する連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の23日放送の第2話の視聴率は大幅にダウンし、出演CMの打ち切りも囁かれている。身から出たサビとはいえ、この針のムシロ状態はいつまで続くのか。

 中学1年の娘と小学5年の息子を子育て中のイケメン評論家・沖直実氏はこう言う。

「世の多くの女性は東出さんの整ったルックスはもちろん、爽やかで誠実そうなイメージに憧れていました。だから裏切られた思いで可愛さ余って憎さ百倍なのでしょう。この状況を打開するのは簡単ではありません。しかも彼はまだ31歳で、幼いお子さんもいます。袴田吉彦さんや原田龍二さんみたいに不倫を自虐ネタにするわけにもいきません。結局、不倫疑惑が風化するまで辛抱強く待つしかなさそうです。ただ、中には復活を期待する熱心なファンもいます。もし、俳優を続けていくつもりなら悪役でも詐欺師役でも喜んで引き受けて、新境地を開くチャンスかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る