東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

公開日: 更新日:

 女優・唐田えりか(22)との不倫疑惑が報じられた東出昌大(31)は「良きパパ」のイメージが完全に崩壊。トンデモ不倫男として全国の女性から敵視されている。主演する連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の23日放送の第2話の視聴率は大幅にダウンし、出演CMの打ち切りも囁かれている。身から出たサビとはいえ、この針のムシロ状態はいつまで続くのか。

 中学1年の娘と小学5年の息子を子育て中のイケメン評論家・沖直実氏はこう言う。

「世の多くの女性は東出さんの整ったルックスはもちろん、爽やかで誠実そうなイメージに憧れていました。だから裏切られた思いで可愛さ余って憎さ百倍なのでしょう。この状況を打開するのは簡単ではありません。しかも彼はまだ31歳で、幼いお子さんもいます。袴田吉彦さんや原田龍二さんみたいに不倫を自虐ネタにするわけにもいきません。結局、不倫疑惑が風化するまで辛抱強く待つしかなさそうです。ただ、中には復活を期待する熱心なファンもいます。もし、俳優を続けていくつもりなら悪役でも詐欺師役でも喜んで引き受けて、新境地を開くチャンスかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  8. 8

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  9. 9

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  10. 10

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

もっと見る