ピエール瀧が2月下旬に芸能界復帰 来年公開映画に出演予定

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け、執行猶予中の「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、今月下旬に芸能界に復帰するという。3日のスポーツニッポンが報じた。

 スポニチによると、竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(38)の3人が監督する映画「ゾッキ」の撮影に参加。俳優業の再開は、コカイン摂取で昨年3月に逮捕されてから11カ月ぶり。プロデューサーにも名を連ねる山田の強い後押しで復帰が決まったという。

「ゾッキ」は、漫画家大橋裕之の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」を原作にした作品。撮影は全編、大橋の出身地である愛知県蒲郡市で行われ、今週中にクランクイン。ピエールの役どころは、刑務所から出所する「漁師の定男」で、今月下旬に撮影予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る