近藤真彦はなぜ叩かれる? 節目デビュー40周年に吹く逆風

公開日: 更新日:

 元SMAPの中居正広(47)がジャニーズ事務所の退所会見を開いたかと思えば、TOKIOの長瀬智也(41)も週刊文春(3月5日号)に「来年退所」と報じられた。昨年7月にジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなってから、“帝国”の内部が揺らいでいることは間違いなさそうだ。

「“タッキー”こと滝沢秀明氏が副社長に就任した昨年9月以降、大胆な改革がなされ、ベテランタレントには居づらい空気が漂っているともいわれます。でも、マッチはそんな雰囲気に動じることなく、相変わらずマイペースを貫き、無邪気な様子に見える。さすがジャニーズの“長男坊”だなという感じです」(芸能プロ関係者)

 言わずもがなだが、マッチとは近藤真彦(55)のこと。1980年12月発売のデビューシングル「スニーカーぶる~す」はミリオンセラーを記録し、80年代には次々と大ヒット曲を世に送り出した。元ドライバーのレース監督としても知られる近藤も、今年はデビュー40周年と節目の年だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る