影山貴彦
著者のコラム一覧
影山貴彦日本笑い学会理事

同志社女子大学学芸学部メディア創造学科教授。1962年、岡山県生まれ。86年毎日放送入社、「MBSヤングタウン」などを手がける。ABCラジオ番組審議会委員長、上方漫才大賞審査委員、GAORA番組審議会委員、日本笑い学会理事。著書に「テレビドラマでわかる平成社会風俗史」(実業之日本社)など。

吉本は政権と蜜月 笑いを生業とする企業は一線を画すべき

公開日: 更新日:

 あの吉本興業の直営劇場なんばグランド花月(NGK)が2日から休演したことは関西人にとって衝撃的な出来事だった。NGKは1995年の阪神・淡路大震災のときですら、震災のあった17日だけ休演し、翌18日からは通常通り営業していた。当時、大阪や京都は神戸、淡路島などに比べると、まだ比較的被害が少ない方だったこともあるが、関西人は「ドケチのケチモトらしいなぁ、商魂たくましい」などと言いながら“お笑いで関西を元気づける”というスタンスを貫いた吉本興業を誇らしく思っていた。安全面に配慮しなければいけないことは確かだが、今回の新型コロナ対策に関してはあっさり従ってしまったことに業界内外の人が驚いた。

「国から圧力あったんちゃうか?」と思うのは関西人だけではない。吉本が阪神・淡路大震災のときの対応は間違っていた、だから今回は小屋を閉めます、というのなら納得がいくが、そうでもない。2019年4月、安倍首相が吉本新喜劇に「経済に詳しい友人」という役どころで飛び入り出演し、G20への協力を呼びかけたことは象徴的。他にも闇営業問題で話題になったクールジャパン機構の100億円融資、地方自治体と関係性を深めたイベントの開催、沖縄国際映画祭は沖縄カジノ利権参入を狙っていると地元紙で報じられていたり、中国でのエンタメ人材育成の学校設立が安倍首相の訪中後に決まったり、安倍首相との蜜月を感じざるを得ない事柄が続々。権力との距離を近づけていることと無関係とは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る