ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

語るも涙の「花嫁の父」残酷物語 連れてきたのはウガンダ

公開日: 更新日:

「幼きわが娘2人……このかわいい2人の将来に幸あれ……」とポツリと呟く父親はふっと頭の片隅でいつも知らず知らずに思い浮かべてしまう。「……でも、どれほど愛おしくとも、女の子だからいずれは見知らぬ男に奪われていってしまうのか……いやいや、2人の娘が幸せであってくれるなら、それは親のワガママというもの……」。それをまるで自分を恥じるかのように即座に打ち消すのであった……。

 それから二十数年の歳月が過ぎ、まさかその愛すべき父親に、人生の生き地獄のようなことが待ち受けていようとは、だれが想像したであろうか……。

 これは聞くも涙、語るも涙の「花嫁の父 悪夢物語」のノンフィクションである。

 まず、最初に父親に人災が襲いかかったのは1994年のことであった。その日、長女は父親にいつになく神妙な声で話しかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る