ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

語るも涙の「花嫁の父」残酷物語 連れてきたのはウガンダ

公開日: 更新日:

「幼きわが娘2人……このかわいい2人の将来に幸あれ……」とポツリと呟く父親はふっと頭の片隅でいつも知らず知らずに思い浮かべてしまう。「……でも、どれほど愛おしくとも、女の子だからいずれは見知らぬ男に奪われていってしまうのか……いやいや、2人の娘が幸せであってくれるなら、それは親のワガママというもの……」。それをまるで自分を恥じるかのように即座に打ち消すのであった……。

 それから二十数年の歳月が過ぎ、まさかその愛すべき父親に、人生の生き地獄のようなことが待ち受けていようとは、だれが想像したであろうか……。

 これは聞くも涙、語るも涙の「花嫁の父 悪夢物語」のノンフィクションである。

 まず、最初に父親に人災が襲いかかったのは1994年のことであった。その日、長女は父親にいつになく神妙な声で話しかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る