室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

志らくさん妻の不倫騒動 18歳下奥さんに感情移入し考えた

公開日: 更新日:

「私の妻を、かけがえのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけでございます」(立川志らく・落語家)

 ◇  ◇  ◇

 これは志らくさんが5日、MCを務める「グッとラック!」で、述べた言葉だ。18歳年下の美人の奥さんとお弟子さんとの不倫を週刊誌に撮られたことについての。

 ちょっと古い話題? でも、じわじわと思い出し、このことについて深く考えこんでしまうあたしがいる。

 志らくさんは、前出の発言の前に、「離婚することも1億%ございません。なぜそんなことが言えるかというと、家族だから。この程度のことで絆が崩れることはない」とも語った。

 ちなみにあたしと志らくさんは、「ひるおび!」という番組で、木曜日隣同士で座ってコメンテーターをしていたりする。5日も一緒だったりした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る