三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

志らく師匠の上から目線が鼻につく?私は全く思ってません

公開日: 更新日:

 人は誰しも嫌われたくないもの、ましてや芸人であれば大勢の人々に好かれたい、愛されたい生き物です。しかし世間というのは好き嫌いを勝手にアンケートを基にランキングにして公表します。そして今回、その被害者が落語家から出てしまいました。立川志らく師匠です。

 昨年末の文春オンラインで嫌いなキャスターランキングでぶっちぎり2年連続1位の宮根さんはさておき2位にランクイン。10月から新番組のメインキャスターでこの結果ですから、かなりのものです。本人もツイッターでぼやいてましたが、お気持ちはわかります。痛いほどわかります。なぜなら落語家は嫌われることに非常に慣れてないからです。好き勝手なことをしゃべって嫌われることを恐れてないように見えてる噺家ですが、実は嫌われることがないというか気がつかずに生きてる人種なんです。

 説明すると、お金を払って見にくるお客さんは嫌いなら来ません。アンケートに苦言を呈することはあっても、そういう方はまた必ず来てくれます。直接何か嫌なことを言われたとしても、言うことを聞くか、こちらから付き合いをやめれば関わらずにすみます。つまり周りにいる人は少なくとも自分を嫌いではないお客です。ところがテレビ、ラジオに出ると状況は変わります。流れてくる映像、音声に嫌悪感を抱いた視聴者は「嫌い」と平気で言い、SNSで悪口をまき散らします。私も8年前に今のラジオ番組が始まったとき、ネットで散々悪く書かれました。そしてへこみました。「こんなに嫌われることってある?」って。でもそれまでの嫌いなら私を避けてくれてた人々と違って、こちらから向こうの空間に割り込んでいった場合、こういうことが起きるんだなぁと解釈しました。だから志らく師匠もそんなランキングなんか気にしないで欲しいです。何となく嫌いなんていうのは評価とは全く関係ないんですよね。暗いとか地味とか上から目線がイヤとか鼻につくとか……私は全く思ってません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る