佐伯チズ氏逝く 生前は職場のディオールで肩たたきも経験

公開日: 更新日:

 美容家の佐伯チズ氏が5日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため死去したことを9日、所属事務所が発表した。76歳、満州生まれ。3月に自身がALSであることを発表。半年ほど前から右足に違和感を覚え、昨年末から思うように動けず、ALSだと診断されたという。

 佐伯氏は、ディオールのエステサロンで予約2年待ちの“ゴッドハンド”として話題になり、定年後、美容家に転身。高い化粧品を使わなくても美しくなれる美容法で、美のカリスマとしてメディアでも活躍。ファンは男女問わず、著書は9カ国語に翻訳、累計500万部を超える。佐伯氏の著書を30冊以上手掛けてきた編集者の上岡康子氏は「人を美しくしたい、ただその一言を言い続けた信念の人」としてこう続ける。

「70代には見えない美肌で自分の生まれ持ったものを磨くこと、内面の美しさを含めた美を体現したカリスマ。プチ整形など“虚構の美”がはやった時代に警鐘を鳴らした第一人者でもありました。いつも正直でまっすぐな一方、福山雅治さんの大ファンというチャーミングな部分もありましたね。地域おこしのプロジェクトや自身の化粧品の海外進出など、まだまだ進行中のものがあったと伺っていたので、悔やまれてなりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る