本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ツッコミ職人「かまいたち」濱家 唯一の弱点は高所恐怖症

公開日: 更新日:

「キングオブコント2017」で優勝。「M―1グランプリ2019」ではラストイヤーで準優勝。漫才もコントもできるコンビとして不動の地位を築いた「かまいたち」ですが、NSC時代の濱家君は相方を次々に代えて漫才をやり、山内君はピン(ひとり)でようわからんネタをやってました(ごめん!)。

 濱家君は料理に将棋にマジックなど一度凝りだすと、とことん追求するタイプで、3~4年前までは語尾に「おまえ!」を連発する心配性。ツッコむ時「違うやろ!」と言えばバサッと切れるものを、コンマ何秒の“間が怖く”て「違うやろおまえ~」と言ってしまい、切れ味がボヤケて耳障りになっていた。「今日は23回も言ったで」と私が指摘すると、“またやってもうた”という表情を浮かべていました。それが直った頃からより一層2人に風が吹いてきたように思います。

 そんな濱家君の唯一の弱点は“高所恐怖症”。千鳥がMCをつとめる大阪ローカルの番組でバンジージャンプを飛ぶことになった濱家君は新人ということもあり、高所恐怖症とは言えず足を震わせながらジャンプ台へ。1時間がたち、2時間が過ぎ、「はよ飛べや~」という千鳥の声も耳に入らず、微動だにしないまま日没を迎え収録は中止。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る