井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

加藤紗里に“スルー力”炎上商法をマニュアル化し主導権握る

公開日: 更新日:

 新たな炎上クイーン加藤紗里が、いくら炎上しても馬耳東風でいられる理由、それは動画チャンネルをはじめとする加藤のSNSでの投稿は、あらかじめ決められたコンセプトに基づいて企画された商品=見せ物だからだ。そう考えると、一連の加藤の炎上もわかりやすい。

 確信犯なのだから、常識を錦の御旗に掲げたところで加藤とアンチとの意識や価値観が噛み合うはずもなく、つまりはどれほど罵詈雑言を投げつけようが加藤には何のダメージもない。それどころか、炎上すればするほど宣伝効果が高くなり、動画やSNS投稿の閲覧が増え、自分の商品価値やタレントとしての知名度も上がる。

■炎上商法をマニュアル化

 おそらく、加藤は臆面もなく炎上商法をマニュアル化、パッケージ化し、ノシ上がろうとしているのではないか。プライベートや元来の生活態度が奔放なのを逆手に取り、意識的に炎上することでビジネスにつなげていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る