井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

自粛警察に狙い撃ちされる加藤紗里…誹謗中傷もどこ吹く風

公開日: 更新日:

「自粛警察」や「ネット自警団」の増加が目立ったのも今年上半期の特徴だ。彼らは世のネット上の“バカ者”を懲らしめるため、日々巡回を怠らない。一部の芸能人や著名人は、自ら「非常識」な発信をSNSでして居場所まで知らせてくるから、炎上させるのも難しくない。

 一度、懲らしめた相手は、「巡回先」となって投稿を常時チェックされるようになる。同じ人物が炎上被害に続けて遭いやすい理由である。

 最近だと、タレントの加藤紗里(30)は、いかにも巡回対象として狙い撃ちされている感がある。しかし、加藤の方もタフなメンタルで、打たれてもへこたれず一筋縄ではいかない。

 まずは、年明け早々、昨年結婚したばかりの不動産会社経営の男性と別居が明らかになるや、すぐさま自身のユーチューブチャンネルで「真相」を激白。「結婚から1週間で別居」「結婚するまでの3カ月間で1億円以上を使わせた」「(それが理由で経営が傾き)『金がない男に興味はない』から離婚した」とぶっちゃけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る