井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

「ランボー」最新作にボディブローを食らったような衝撃

公開日: 更新日:

 困った国だ、アメリカは。コロナ感染が止まらない。全州で290万人。トランプは正味、デタラメなヤツだ。「マスクをしようがしまいが自由、それがアメリカだ!」とアホ顔で独立記念日に演説し、偉大なアメリカとそればっかり言って白人支持者をあおっていた。4月ころか、死者は7、8万人で収まるだろうと高をくくっていたが、もう13万人を超えた。ヤツは全土が感染し、全国民に免疫がつけば収まると思い込んでいる。黒人やヒスパニック系の最下層貧民たちはどれだけ死のうが彼は構わないのだ。もう一度、各州の街をロックダウンさせないと死人が増え続けるのは必至なのに、赤いネクタイを巻き付けてホラを吹いている。

 デタラメ大統領は早いとこ、権力の座から引きずり降ろした方がいい。世界中に分断差別主義が影響して、世界中がさらに病んでしまうだけだ。文明と野蛮が錯綜している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る