玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を射ている”2人の名前

公開日: 更新日:

 コロナ、都知事選、豪雨災害とワイドショーが取り上げるテーマは日替わり状態。素人では当たり障りがないコメントにならざるを得ないが、その点、経験豊富な社員コメンテーターや局出身ジャーナリストの方が指摘が鋭いことも。

 キャラ立ちしているのはフジテレビ系「バイキング」に出ている上席解説委員の平井文夫。7日の同番組、コロナ&都知事選絡みの投げやりな感じも目を引いた。不要不急の外出の自粛を呼び掛け続ける小池都知事について「不要不急の外出を控えろと気楽に言うけど映画や落語は不要不急ですか。不要不急なものはない。勝手に言うのはお引き取り願いたい」。県をまたいでの移動についても「まじめに予防している人が移動するのはいいんじゃないか」と真っ向から批判した。

 豪雨報道では熊本・球磨川のダム問題なども指摘したテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」の元テレ朝政治部長で東海大教授の末延吉正は小池に「パフォーマンスしてほしくない」と手厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

もっと見る