てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「はぐれ」第7世代ニューヨークは窮地に立つほど光放つ

公開日: 更新日:

「めちゃくちゃですよ、第7世代は」(ニューヨーク・屋敷裕政/テレビ東京「ゴッドタン」7月4日放送)

 昨今、「お笑い第7世代」と呼ばれる20代を中心とした若い芸人がお笑い界を席巻している。そのあおりを受けて苦しんでいるのが、そこに入れなかった少し上の世代だ。その代表格がともに34歳の嶋佐和也、屋敷裕政からなるニューヨークだ。

 屋敷はコロナ自粛期間中に版画を始めた。その腕前はすぐに評判となり、7月には個展を開催するまでになった。しかし、ある日、屋敷はテレビを見て驚愕した。第7世代のひとりである宮下草薙の草薙航基も版画を始めたというのだ。

「俺から版画まで奪うのか!」と嘆く屋敷が放った言葉を今週は取り上げたい。

 自分たちの主戦場であった「AbemaTV」にも霜降り明星やEXITがやってきたと、ボヤキは止まらない。屋敷は以前も「第7世代、7~8組だけのせいで、100組以上の芸人が路頭に迷ってる」(テレビ朝日爆笑問題のシンパイ賞!!」20年4月17日)と、お笑い界の現状を語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

もっと見る