板坂康弘
著者のコラム一覧
板坂康弘作家

東京都出身。週刊誌ライターを経て、阿佐田哲也、小島武夫が結成した「麻雀新撰組」に加わり、1972年創刊「近代麻雀」の初代編集長。小説CLUB新人賞を受賞して作家デビュー、著書多数、競輪評論でも活躍。

<最終回>麻雀は「深き川を浅く渡る」必要がある

公開日: 更新日:

 チャンスとみたら逡巡するな。生き馬の目を抜く株式市場では決断の速さと正確さが、すべてを決める。チャンスは前髪で掴め! という言葉もある。

 麻雀も強気に打つのがいい。失敗を恐れ、腰の弱い打ち方をするぐらいなら、勝負に出ての放銃が勝ると考えよう。

 別掲の牌譜1と牌譜2を見ていただきたい。

 阿佐田哲也さん、小島武夫プロ、灘麻太郎プロに私が加わった。

 いわゆる誌上麻雀なのだが、気楽なお好み対局という感じ。とはいえ、この強力なメンバーに食らいついて見せ場をつくりたいと、私は当然、考えていた。

 先手を取ろうとする先行型は阿佐田さんと私。飛び出すのはどちらかと思っていたら、私に先制のチャンス。それが牌譜1である。

 序盤に「八筒」「七筒」「九萬」と引いて二面子ができ、いけそうな感じだ。ここまでは配給原点のまま。最初の勝負どころになるかもしれないし、聴牌したら、黙聴でかわす手もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る