コロッケのショーパブが火の車…「コロナ禍で給与未払い」

公開日: 更新日:

 再開したかと思ったら、またコロナ感染者急増で芸能人のサイドビジネスも困難に見舞われている。コロナに感染した石田純一(66)経営の沖縄の冷麺店も苦境に立たされているというが、モノマネタレントのコロッケ(60)がプロデュースする「CROKET MIMIC TOKYO」(六本木)は休業延長中で事態は深刻のようだ。

 同店は2016年1月に麻布十番にオープン。コロッケ本人が選んだタレントやパフォーマーを集めてショーを展開していたが、昨年6月に六本木に移転。理由は赤字と本人も明かしていた。同店に問い合わせると「現在、再開に向けて、来週あたり取り組みを発表する予定です」というが……元関係者がこう言う。

「ダンサーなどステージ関係のスタッフはいまだ自粛休業期間中の給与が支払われていません。ディズニーやUSJのような大手以外は“日雇い扱い”で休業手当をもらっていない人がほとんど。クラウドファンディングで再開資金を集めようとしてるらしいですけど、タイミング的にはもう遅いし、再開を待っていたら自分の生活が成り立たないから次々と辞めています。どこもそうですけど、制作側も人が減るのを黙って待っているような感じすらします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る