田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

権藤茂平衛が頭取を務めた銀行は現在の東邦銀行 川俣支店

公開日: 更新日:

「エール」の休止期間を埋める再放送シリーズはかなり変則的な組み立てになっている。朝の連ドラの本編は今回初めて、週5回(月~金)の放送となった。土曜日はバナナマン日村勇紀がナビゲーターとして1週間を振り返るダイジェスト版になっていた。ところが、再放送ではこのダイジェスト版がなくなり、週6回(月~土)とも本編の放送に当てられている。つまり、週ごとに1回ずつ放送が早まる形になっているのだ。第2週の再放送は7月4日(土)から始まり、第3週は10日(金)からという具合だ。今回の豆知識では、第3週にスポットを当ててみたい。

 この週で重要な役割を果たすのは、窪田正孝(31)演じる主人公・古山裕一(モデル古関裕而)の母方の伯父・権藤茂兵衛だ。演じるのは個性派俳優の風間杜夫(71)。朝の連ドラに出演するのは44年前に放送された「雲のじゅうたん」(ヒロイン・浅茅陽子)から始まって、「エール」が6作目となる。前回の「マッサン」ではニシン漁で一獲千金を狙う網元を演じ、強烈な印象を残した。今回の出演シーンではほとんど仏頂面しているのだが、さすがベテラン。どこか憎めない味のある演技を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る