田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

古関裕而に“エール”を送り続けた藤堂先生の実在モデルとは

公開日: 更新日:

「人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること」ーー。「エール」は新型コロナによる撮影中断のため、第13週でいったん休止。現在、同じ時間帯を再放送で穴埋めしているが、新たな発見があったりして、これがけっこう面白い。

 冒頭のセリフは第1週の再放送(6月29日~7月3日)で、主人公・古山裕一少年(モデル古関裕而)の音楽の才をいち早く見いだした小学校の担任の藤堂清晴先生が本人に語ったもの。努力がちょっとだけ苦にならないことが見つかれば道は開けると、エールを送ったのだ。

 藤堂先生を演じるのはミュージシャンの森山直太朗(44)。連続ドラマに出るのは今年1~2月のNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」で主役(柄本佑)の兄役を演じたのに続き2作目。俳優としての経験は少ないが、とても味のある演技を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る