ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

NYの地下鉄で集団カツアゲ? 日本のたばこを差し出すと…

公開日: 更新日:

 阪神に在籍し、後にメジャーリーグのホームラン王や打点王となるアメリカンヒーローのセシル・フィルダーにまつわる俺のニューヨークMLB観戦の話をしなくては……(前回途中でスッカリ忘れちゃってスミマセン)。その前に、今回もニューヨークでの俺の無知なばかりに起こしたおバカな出来事を一つ。

 ニューヨークの駅(だったかなあ?)の地下道をひとりブラブラと煙をくゆらせて夜8時ごろに歩いていたのです。30年ほど前はニューヨークの治安があまりによろしくなかったせいか、行き交う人の姿はチラホラだったのです。

 すると、突然、俺の前に2人のハイスクールボーイくらいの男子が立ちふさがったと思いきや、いきなり英語の荒々しい口調で何かをまくし立ててきたのだった。その時俺は「来たかー! 本家、本元、元祖ヤンキーのカツアゲが!!」と思いながらも自分でも不思議なくらい落ち着いていたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る