山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

公開日: 更新日:

 未成年女性との飲酒が原因でジャニーズ事務所から“一定期間の芸能活動自粛”の処分を受けている山下智久(35)が、来月早々にも活動を再開すると見られている。

 ジャニーズ事務所が山下の復帰を急ぐのは、今年4月に発売予定だった新アルバム『SI』のプロモーションが控えているからだという。約3年ぶりとなる亀梨和也(34)とのスペシャルユニットを組むため、「これ以上待てない!」というわけだ。

 事務所にとって、このプロジェクトは、今年一杯で活動休止する『嵐』のプロモーションに次ぐ重要なもの。どんなに遅くとも年内にはスタートさせる見通しだ。

 この亀梨とのスペシャルユニットの仕事にひと区切りがついたら、山下は活動拠点を米国に移すと言われていたが、雲行きが怪しくなってきた。ジャニーズ事務所に好意的な記事を書くスポーツ紙のスポニチが9月13日、「山P“お持ち帰り”疑惑で活動休止 本格的な海外進出も台無しに」の見出しで厳しい論調の記事を掲載した。同紙の【芸能覆面座談会】という企画の中で、〈海外では(タレントの)未成年に対する性的な話題はタブー。薬物犯罪以上に厳しい視線が注がれる。山下が今後海外で仕事をするのは難しくなるかもしれない〉と、来年以降の山下の活動が厳しくなると指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る