山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

公開日: 更新日:

 酒気帯びでの追突事故で逮捕(道交法違反容疑)されたTOKIOの元メンバー山口達也容疑者(48)は女子高生への強制わいせつ事件を起こした2018年4月、「もう絶対飲まないと決めています」と会見で宣言していた。にもかかわらず、今また基準値の約5倍ものアルコールが検出され、「自宅で一晩中、酒を飲んでいた」と供述している。酒による不祥事で離婚、さらにジャニーズとの契約解除、芸能活動休止と身を滅ぼしながら、どうして同じ過ちを繰り返してしまったのか。

「山口容疑者はあきらかにアルコール依存症で、2018年、山口容疑者を除くTOKIOメンバーが会見したときに松岡昌宏は『正直あなたは病気です。自分の置かれている立場と今後のことにちゃんと向き合ってくれ』と言っていました。その後、山口容疑者は専門病院に入院するなどしましたが、一人暮らしの寂しさやお金はあっても仕事がないという状況に耐えられず、またコロナ禍で一人の時間が増えて酒浸りの日々になり、それを制御する周囲のサポートもなかったのでしょう」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る