児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国ウオッチャー

韓流エンタメ誌やガイドブックの企画・取材・執筆を行う韓国ウオッチャー。韓国映画のほか、日韓関係についてのコラムも新聞やウェブサイトに多数、寄稿している。

政治的報復で狙い撃ちに…韓国“経済大統領”李明博氏の功績

公開日: 更新日:

 韓国の李明博元大統領が収監された。横領や贈収賄などの罪で懲役17年のほか、罰金130億ウオン(約12億円)や追徴金の実刑判決が確定したのだ。

 李明博氏は78歳なので、恩赦がなければ95歳で出所となる。

 罪状はなんであれ、こうなった背景には文在寅大統領の“政治的報復”があるとみられている。李明博政権下の2009年5月、前任の盧武鉉氏が自殺に追い込まれたが、文大統領は弁護士時代から盧武鉉氏の仲間であり、側近中の側近だった。

 韓国では新しい政権が誕生すると、“前政権狩り”が起こる。盧武鉉氏も大統領の任期を終え、新たに李明博大統領が誕生すると、不正資金疑惑で検察の捜査を受けた。取り調べが続く中、自宅の裏山で投身自殺したのだ。

 当時、盧武鉉氏の死についてはさまざまな臆測が流れ、他殺説まで飛び出したが、このとき「家族に遺書を残し、山から飛び降りた」と声明を出したのが今の文大統領だった。李明博政権による“前政権狩り”で恩師を失ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る