「嵐の大野」は完全消滅“第二の人生”と囁かれる交際復活説

公開日: 更新日:

 11月3日の無観客ラストライブ「アラフェス2020 at 国立競技場」を無事に終えた嵐。年内での活動休止のカウントダウンが始まるなか、ひときわ、注目を集めているのがリーダーの大野智(39)だ。さる制作会社幹部はこう話す。

「大野君の場合は休止という名の事実上の引退です。メンタルがボロボロだというんです。しかも、芸能界には何の未練もないのだとか。嵐ファンには酷な話ですが、5人が揃う嵐は2020年で見納めでしょうね」

 大野を除く松本潤二宮和也桜井翔相葉雅紀らはそれぞれがバラエティー番組やドラマ、映画などでソロとして活動していくという。活動休止後の大野は一体、何をするつもりなのか。そのヒントとなるのが今年4月に設立した個人事務所の存在だ。

「大野は仲のいいテレビ制作会社のプロデューサーと会社をこれまでに2つ立ち上げていた。一つは不動産や資産管理などの会社だったが、この4月に立ち上げたA社はマネジメント業務が記されているんです。彼は以前からジャニーズ独立を口にしていた。親しい知人らに対しては『本業は漁師、副業でアーティストをやっていく』と冗談とも本気とも取れる顔で話しているんです。今後はアイドルや歌手ではなく一芸術家として最小限のメディア露出を考えているようです。いずれにせよ嵐の大野は完全消滅です」(民放プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る