中村獅童はコロナ禍が生んだ“最大の好機”をものにできるか

公開日: 更新日:

 再開して4カ月目の歌舞伎座は例年通り、「顔見世」となっているが、今年はコロナ禍の4部制が続いており、大幹部が揃うわけにはいかなかった。

 最もチケットの売れ行きがいいのは第1部、猿之助の「蜘蛛の絲宿直噺」。これまで「蜘蛛絲梓弦」として上演されていた舞踊劇を改作したもので、準新作といえる。笑三郎と笑也は、歌舞伎座再開後は初めての出演で、猿弥も加わり、まさに息の合った役者たちによる、安定した一幕。

 第2部は、尾上菊五郎が市川左団次と「身替座禅」に出て、第3部は、松本白鸚が「一條大蔵譚」に出て、大幹部の出演はこれだけ。

 第4部は中村獅童が、「義経千本桜/川連法眼館」で狐忠信を17年ぶりに演じている。

 猿之助主演の第1部には、中村福之助、菊五郎主演の第2部では中村米吉、白鸚主演の第3部では中村壱太郎、獅童主演の第4部では市川染五郎と中村莟玉と、どの部も、一門・一族の枠を超えた若手が配されているのも今月の特徴。普段ならあり得ない座組で、非常時が生んだ顔合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る