ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

公開日: 更新日:

 最近、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が記事になるたびに、ネットのコメント欄に〈望月東庵と駒の出演シーンを減らせばもっと面白くなるのに〉といった感想があふれ返る。望月東庵は堺正章(74)演じる医師で、駒は東庵の助手役で門脇麦(28)が演じている。2人とも実在する人物ではないが、劇中では重要な役柄と位置付けられている。

 コロナ禍で約3カ月間の放送休止を余儀なくされ、8月30日から再開されたが、視聴率は11~13%台と低迷している。ドラマの評価自体は悪くないだけに、数字が伸び悩む原因としてこの2人が戦犯扱いされている。

「ドラマはいよいよ最終クールに入り、本来であればここからは合戦シーンが目白押しのはずでした。しかし、コロナ感染を防ぐためには集団での撮影は不可。結果、スタジオ内で少人数での撮影がどうしても増えてしまい、語り部的な役割の駒や東庵のシーンが目立ってしまうのです」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  8. 8

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  9. 9

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る