熊さんから「サブちゃん、また一緒にやらないか」と誘いを

公開日: 更新日:

 1981年当時、コント・レオナルドは、レオナルド熊と彼の弟子のひとり、ブッチー武者のコンビだった。

「テレビで見て、『へー、熊さん、またやってんだ』と思ったね。それから間もなく、熊さんから連絡があった。『武者がノイローゼになって逃げやがった。サブちゃん、また一緒にやらないか』って。逃げるのは当然だよ。弟子にギャラをやる必要はないって、一銭も払わないんだから」

 ブッチー武者は後年、「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)のざんげコーナーにキリスト役でレギュラー出演した。

 熊さんの誘いに三郎はどう答えたか。

「もちろん断りましたよ。病弱なだけじゃなくて、金に汚いから、また嫌な思いをしたくないもの。すると、『花王名人劇場』のプロデューサー、沢田隆治さんが連絡してきた。10月に武道館でやる漫才大全集に熊と出てくれって。心が動いたけど、トマト栽培の会社に誘ってくれた先輩に対して義理を感じてるから、やりますと言えない。まさに進退きわまったね。返事を延ばしていたから、武道館の公演には出られなかった。すると、先輩が、『おまえ、芸人に戻れ』と言い出した。『俺も疲れちゃって、トマト栽培やめようと思ってる』ってね。正直、ホッとしました。それで熊さんとコンビ再結成したわけです。すぐネタ作りに入った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る