碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

公開日: 更新日:

 7人の登場人物が一つのチームとなり、何かを成し遂げる。黒沢明の「七人の侍」(1954年)以来、繰り返し使われてきた黄金パターンだ。

 60年代のドラマ「七人の刑事」やイタリア映画「黄金の七人」。70年代の「太陽にほえろ!」や「特捜最前線」も主要メンバーは6~7人だ。2000年代には「7人の女弁護士」もあった。

 今期、脚本の中園ミホを含む「ドクターX」の制作チームが繰り出してきたのが「七人の秘書」だ。銀行常務秘書(木村文乃)、警視庁警務部長秘書(菜々緒)、都知事秘書(大島優子)ら6人と元代議士秘書(江口洋介)の計7人。立場を利用して悪事を働いたり、弱い者を虐げたりする連中を懲らしめる彼らは、いわば「闇の仕置き人」だ。

 しかも7人全員が苦い「過去」や「事情」を抱えている。その人物設定がしっかりしており、物語に奥行きがある。たとえば大学病院長秘書のサラン(映画「新聞記者」のシム・ウンギョン)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る