玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

公開日: 更新日:

「半沢直樹」は別格としても、夏放送のTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」「MIU404」などがそろって高視聴率を獲得し、“連ドラ復権”の流れで始まった秋冬ドラマ。しかし、現在のところ、世帯平均視聴率が2ケタなのは「七人の秘書」(テレビ朝日=木曜夜9時)、「監察医 朝顔」(フジテレビ=月曜夜9時)、「危険なビーナス」(TBS=日曜夜9時)のみ。

「世帯視聴率はもはや"古い指標"。それで作品の優劣は語れませんが、長年染みついた感覚から、いまだに気になる数字ではあります」(ドラマ制作会社ベテランプロデューサー)

 その数字がなかなか2ケタに乗らない状況の中、健闘しているのが玉木宏(40)主演の「極主夫道」(日本テレビ=日曜夜10時30分)。10月11日の初回は11.8%の好スタートを見せた。

「この枠では昨年1月の『3年A組』以来、久々の2ケタ発進。第3話以降は1ケタですが、比較的高い水準をキープしています。先週の第7話は7%台でしたが、プロ野球日本シリーズの影響で放送が1時間遅れたことを考慮すれば、極端には落ちてはいません」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    ミキ昴生に関ジャニ横山“芸能界クラスター”で4月改編危機

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る