三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

わたしの“七味、五悦、三会”は…スマホなしで思い出せる?

公開日: 更新日:

 皆さんは考える時間をお持ちでしょうか? 私は移動中といえばスマホか日刊ゲンダイがお供ですし、家でもついついテレビだったりスマホで動画を見ていたりとゆっくり何かについて考える時間がないように思います。ただ年末になると私が必ず思い出す言葉がありまして、七味(ひちみ)、五悦(ごえつ)、三会(さんえ)。これは江戸風俗研究家の杉浦日向子さんから聞いた話を鴻上尚史さんのエッセーで紹介してて知りました。

 毎年暮れに除夜の鐘を聞きながら家族でその年初めて食べた7つのおいしいもの、5つの楽しかったこと、3つの出会いについて話してそれが全部あったら良い一年だったねぇという江戸時代の庶民の風習だそうです。我が家も除夜の鐘を聞きながらではありませんが年末の恒例行事になっております。そして今回のこのコラムのテーマにするにあたって私の今年一年の七味五悦三会を考えてるんですが……、新しい味っていえば6月に北海道を旅行していろいろ食べたんだよなぁ。何があったっけ? 確かスマホで写真撮ってあるからそれを探して……ってダメダメ! 江戸時代にスマホなんてないんだからちゃんと自力で思い出さないと! えっとータラバガニの内子でしょ、それから山わさびとイカの和えものと……あっ苫小牧でホッキ貝のカレー食べて……。あれっ、出てこない。じゃあ五悦だ。楽しかったこと……。何してたっけ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る