荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<22>チロは陽子が亡くなった後、オレを励ましてくれた

公開日: 更新日:

 猫は臭いから嫌いだって言ってたのに、4ヶ月の子猫だったチロがウチに来て、ネコロリコロリって、オレはすぐにまいっちゃったんだよね(笑)。チロは、バルコニーから隣の柿の木に飛び移ったり、家の屋根に登ったり元気なチビで、高いとこに登ると得意気にポーズをとるんだよ。扉や冷蔵庫の上に乗ったり、カーテンに飛びついたり。おもしろいのはね、褒めると得意になって、写真を撮らないと、同じポーズでずっと待ってるの。わかるんだね。

 チロちゃんがウチに帰ってこなかったことがあってね。陽子と一日中、捜しまわってさ、チロ、チロって呼んで。真夜中も捜しに行ったけど、どこにもいないんだ。バルコニーを何度も見たけど、帰ってきてなくてね。チロが帰ってきた夢を見て、飛び起きてバルコニーを見たけどいない、どこ行ったんだよ~って、そしたら鈴の音がしてね、振り返ったらチロがいた。いなくなって3日目に帰ってきたんだけどね、陽子はチロを抱きしめて、泣いてたね。

ず~っと、一緒に“時”を過ごしたという感じ

 オレの脚の上にチロが乗って、陽子が寄りかかっている写真があるだろ。オレと陽子とチロ、3人がテレビを観てる写真なんだ。チロは猫なんだけど、そうじゃないんだよね。チロとは、ず~っと、一緒に“時”を過ごしたという感じなんだよ。

 陽子はさ、『愛しのチロ』ができるのを楽しみにしてたんだけど、間に合わなくてね。陽子の棺の中に出来上がったばかりの『愛しのチロ』を入れたんだ(1988年に陽子の実家からもらわれてきた愛猫チロとの日々の記録。この写真集の制作中に陽子が入院、手術をすることになり、楽しみにしていた写真集を目にすることなく1990年、子宮肉腫のため旅立った)。

長寿で世田谷区から賞状をもらった!

 陽子が入院している間、オレが病院に見舞いに行って帰ってくるだろ。シ~ンとしている。音もない。気持ちもそうだしさ、そうするとね、チロが家の中を走り回ってくれたりしたね。陽子が亡くなったときもそうだった。雪の多い年でさ、ずっと家にこもってたんだけど、チロがバルコニーにパーッて走って出てって、雪の中を跳ねたんだよね。飛び跳ねて、オレを励ましてくれた。『センチメンタルな旅・冬の旅』(1991年刊)のラストシーンの写真ね。シッポをピンと立てて、勃起してるみたいなんだよ。

 陽子が亡くなった後、オレに寄り添って、励ましてくれたのがチロ。そのチロもね、逝っちゃった(2010年3月2日)。

 チロは22歳でさ、人間だと100歳を超えてて、長寿の猫だって、世田谷区から賞状をもらったこともあるんだよ。

(構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る