NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

公開日: 更新日:

 NHK桑子真帆アナウンサー(33)は不意打ちを食らった気分だろう。発売中の「フラッシュ」(21年2月2日号)が、「『紅白歌合戦』総合司会を務めた看板アナは“超肉食系”だった――」という見出しとともに東京外国語大学の先輩にあたる30代男性の告白を掲載した。

 男性は桑子アナと9年にわたり肉体関係を持っていたと明かし、〈僕を入れて同時に3股交際していたこともありました〉〈私も虜になった一人ですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました〉と暴露した。ただ“本命”の彼氏に昇格したことは一度もなく、最終的になんの前ぶれもなく、桑子アナに電話を着信拒否されて関係は終わったそうだ。

「芸能界では男女を問わず、一方的に関係の清算を迫られた側が相手を逆恨みして週刊誌にネガティブな情報を持ち込むことが昔からあります。今回は典型的なそのパターンといえるでしょう。フラッシュにネタを提供した男性は、このタイミングで記事を出せば桑子アナに致命傷を与えられると考えたのでしょう。桑子アナに対する強い未練とともに、男性の粘着気質を感じます」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る