ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

公開日: 更新日:

 2018年10月の「獣になれない私たち」(日本テレビ系)を最後にドラマ出演していなかった新垣結衣(32)の復帰作が、8月スタート予定の「親バカ青春白書」(同)に決まった。目を引いたのは、ガッキーがこのドラマでムロツヨシ(44)の妻、永野芽郁(20)の母親を演じることだ。ガッキーと永野は12歳差で姉妹の設定でもおかしくない組み合わせ。しかも、“病気で亡くなった妻”という役柄のため、出演シーンもセリフも少ないという。今回のドラマ出演はムロの強烈な後押しもあったそうだが、ガッキーの周辺もいろいろ動いている。

 にわかに騒がしくなったのは昨年春。「獣に――」が終わり、テレビ各局が新企画を所属事務所にプレゼンしたところ、けんもほろろに突き返されたという。この話は一気に業界に広まり、一部では“ガッキー引退”とか“結婚”といった噂が囁かれるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る