今年61歳。生涯現役を貫いた馬場さんが亡くなった年と同じ

公開日: 更新日:

 ジャイアント馬場23回忌追善興行・東京決戦が後楽園ホールで行われ、ジャンボ鶴田やザ・デストロイヤーこそいなかったが、グレート小鹿、カブキ、キラー・カーン、天龍源一郎、渕正信、大仁田厚、越中詩郎、武藤敬司、小橋建太(一応年の順に記したつもりです。違っていたらごめんなさい)、現新日選手、全日選手などなど凄いメンバーが集まった。

 天山と諏訪魔が戦ったり、青柳優馬とゼァ永田裕志が組んでたり、新崎人生がいたりと根っからのプロレスファンにはたまらない盛りだくさんで豪華な内容だった。中でも1982年の馬場対スタン・ハンセンの試合のVTRを見ながら徳光和夫アナが会場で生で実況し、最後はリング中央に置かれた馬場さんの16文のリングシューズにスポットライトが当たり、追悼の10カウントからの、木原文人リングアナのコール「300パウンド、ジャイアント馬~場~!」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る