石原さとみ「コロナ陽性」発表遅れでドラマの現場は大混乱

公開日: 更新日:

 昨年12月に高年収&イケメンエリートサラリーマンと電撃入籍を発表し幸せの絶頂にいたはずの石原さとみ(34)に暗雲だ。「女性セブン」(小学館)に新型コロナウイルスに感染していたことをスッパ抜かれてしまったのだ。もちろんコロナに感染したことを責められたわけではない。問題視されたのは無症状といえどもコロナ感染を即座に公表しなかったことだった。

「先月15日ごろの検査で判明したそうです。しかし、『セブン』が報じるまで所属のホリプロ側はダンマリを続けていたわけです。メディアの問い合わせに対し『むやみにヒロインが感染したことを公表することで世間によけいな不安をあおってしまう配慮からだった』と苦しい言い訳をしています」(芸能プロ関係者)

 石原サイドがコロナ感染を必死に隠した理由。それはこの4月期に放送される連続ドラマ「恋はDeepに!」(日テレ系)でヒロインを演じているからに他ならない。

「石原にとって『恋はDeepに!』は結婚後、綾野剛(39)と共にダブル主演を務める久々の連ドラ主演作で、絶対にコケるわけにはいかない。ましては結婚で一部のファンが離れてしまった。さらにコロナ感染が報じられればイメージダウンは必至です。石原サイドはなんとしてもこの負の悪循環を避けたかったようです」(前出の芸能プロ関係者)

ドラマの情報解禁日をズラして感染を隠す

 石原サイドと日テレが石原のコロナ感染を隠そうとした証拠がドラマの情報解禁日だ。「セブン」のWEBサイトに記事がアップされる前にその日時を変更したという。その裏事情についてスポーツ紙デスクが解説する。

「当初、ドラマ『恋はDeepに!』の情報解禁は2月3日(水)にスポーツ紙2紙で行う予定だった。しかし、直前の石原のコロナ感染を受け、急きょ、2月10日(水)にずらしているんです。もし事前にメディアに漏れても『ドラマ情報解禁前だったからコロナ感染を発表しなかった』と言い訳が出来る。しかも、10日なら石原のコロナ感染発覚から2週間以上が経過しているわけです。ダメージはないと考えたんですよ」

 ところが、事前に石原のコロナ感染がマスコミに漏れてしまう。

「綾野サイドは口にこそ出さないがプリプリですね。『セブン』が報じなかったら何も知らされない可能性もあったわけです。下手したら自分も感染してしまうわけですから」(前出のスポーツ紙デスク)

 最初にウソをつくとウソを重ねることに。隠してバレると後が大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る