「麒麟がくる」識者の評価 新たな光秀像と裏切りのラスト

公開日: 更新日:

 コロナ禍による撮影中断で放送が後ろ倒しになっていた大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回(第44回)が7日、ついに放送された。

 物語のクライマックスである「本能寺の変」が描かれ、平均世帯視聴率は18.4%。昨年1月19日放送の第1回の19.1%に次ぐ高視聴率となり、有終の美を飾った(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 まさに大団円となった格好だが、その衝撃のラストにSNS上は騒然となっている。

 史実では「本能寺の変」で信長を討った明智光秀は、羽柴秀吉に返り討ちにあい“三日天下”となるのだが、そのことはナレーションでサラリと触れられたのみ。光秀の生死についても明らかにされなかった。

 その後はいきなり「本能寺の変から3年後」に時間が飛ぶ。そこで駒(門脇麦)が、街中にいる光秀らしき人物を見かけるのだが、群衆に紛れて声をかけられぬままその人物は去っていく。その後、光秀が馬に乗って山の中を走るラストカット。光秀は生き延びて徳川の幕政に関わったという“生存説”に含みを持たせた内容だった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方