「麒麟がくる」識者の評価 新たな光秀像と裏切りのラスト

公開日: 更新日:

 コロナ禍による撮影中断で放送が後ろ倒しになっていた大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回(第44回)が7日、ついに放送された。

 物語のクライマックスである「本能寺の変」が描かれ、平均世帯視聴率は18.4%。昨年1月19日放送の第1回の19.1%に次ぐ高視聴率となり、有終の美を飾った(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 まさに大団円となった格好だが、その衝撃のラストにSNS上は騒然となっている。

 史実では「本能寺の変」で信長を討った明智光秀は、羽柴秀吉に返り討ちにあい“三日天下”となるのだが、そのことはナレーションでサラリと触れられたのみ。光秀の生死についても明らかにされなかった。

 その後はいきなり「本能寺の変から3年後」に時間が飛ぶ。そこで駒(門脇麦)が、街中にいる光秀らしき人物を見かけるのだが、群衆に紛れて声をかけられぬままその人物は去っていく。その後、光秀が馬に乗って山の中を走るラストカット。光秀は生き延びて徳川の幕政に関わったという“生存説”に含みを持たせた内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る